スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)

 政府は25日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する日米の合意文書に、移設先として「名護市辺野古周辺」と明記し、これを踏まえた対処方針を28日に正式発表する方針を固めた。鳩山由紀夫首相に近い政府関係者が明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

口蹄疫 「拡大不安」全国で警戒(産経新聞)
取扱目標達成の港湾、12.7%=計画見直し求める―前原国交相(時事通信)
裁判員1年、4千人以上参加・530人に判決(読売新聞)
<いたずら>トランクに閉じ込められた!? 警官80人、パトカー数十台出動(毎日新聞)
<シー・シェパード>「代表に言われ監視船に侵入」 元船長(毎日新聞)
スポンサーサイト

白樺ガス田 出資5割超、中国に 政府方針 先行開発を配慮(産経新聞)

 政府は12日、東シナ海のガス田共同開発問題で、日本側の出資で合意している「白樺(しらかば)」(中国名・春暁)ガス田について、出資比率の5割超を中国側に譲る方針を固めた。中国が先行開発してきた白樺で対等の権益を得るのは困難と判断したためだ。中国側により多くの権益を認めることで、開発内容を定める条約締結交渉の進展を図りたい考えだ。

 しかし、掘削施設を完成させた中国側の対応を是認することになりかねず、批判は避けられない。

 東シナ海のガス田開発をめぐっては、自民党政権下の平成20年6月、中国が単独開発を進めていた白樺で、中国の国内法に従い、開発に当たる中国企業に日本側が出資することで日中両政府が合意した。日本側は生産される天然ガスを出資額に応じ受け取る。

 ただ、5対5の対等条件での共同開発とした「翌檜(あすなろ)」(同・龍井)周辺海域とは異なり、白樺の出資比率では合意しなかった。「楠(くすのき)」(同・断橋)、「樫(かし)」(同・天外天)は継続協議となった。

 白樺は日中の境界線(日中中間線)の中国側にあるが、ガス田の地下構造が日本側までつながり、開発が始まれば日本の資源も吸い取られる可能性が高い。このため自民党政権下では「国家主権の問題であり、出資比率は五分五分で折半するのが筋だ」として、対等条件を目指すべきだとの声も多かった。

 これに対して鳩山政権では今年に入り、過去の交渉内容などを関係閣僚で精査。その結果「共同開発と出資は異なり、交渉経過からも権益の折半を主張するのは難しい」として、5割超の権益を中国側に認める方針を固めた。

 岡田克也外相は15日に韓国で開かれる日中韓外相会談にあわせ、中国の楊潔●外相と会談する。岡田外相は1月の楊外相との会談でも早期の条約締結交渉入りを要求したが、今回の会談でも新たな方針に基づき、ガス田問題で事態打開を目指したい考えだ。

 もっとも、中国側は白樺ガス田について「中国の主権の範囲内であり、共同開発とは関係ない」との立場を変えていない。

 日中両政府は今月4日に合意後初の局長級協議を北京で開いたが、中国側は条約締結交渉入りに応じなかった。

●=簾の广を厂に、兼を虎に

【関連記事】
「白樺ガス田は中国の主権」 中国が日中外相会談での発言を公表
中国、掘削施設完成 開始なら政府抗議 白樺ガス田
白樺ガス田に中国船 重大な懸念申し入れ
高効率発電で中韓と対決 Jパワーなどジャワ島石炭火力応札
“中国の映画村”で工場爆発 有毒ガス漏れ千人に中毒症状

改正健康保険法が成立=協会けんぽの保険料抑制(時事通信)
私学助成は実績次第、スポーツ・進学…大阪府(読売新聞)
YOU THE ROCK★に実刑判決 大麻所持事件(産経新聞)
「普段の下痢」…宮崎県が口蹄疫発生見逃し(読売新聞)
<バラとガーデニングショウ>黒柳徹子さん、バラを語る(毎日新聞)

徳之島3町長「反対を首相に伝える」1千人が壮行(読売新聞)

 沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で、政府が分散移転先として検討している鹿児島県・徳之島の3町長は6日午後、翌日に行われる鳩山首相との会談に向けて上京した。

 徳之島空港前で開かれた壮行会には島民約1000人が集まり、3町長は「反対の民意を首相に伝える」と固く約束した。

 壮行会は3町長や地元商工会など約60団体でつくる「徳之島への米軍基地移設反対協議会」が企画。島民に参加を呼びかけたところ、予想をはるかに上回る人数が集まり、空港前の道路は「町長さんがんばって」「徳之島の想いを伝えて」などと書かれたプラカードを持つ島民であふれた。

 3町長は約2万6000人分の名前が書かれた分厚い署名用紙を受け取ると、マイクを手に決意表明。大久保明・伊仙町長は「徳之島に基地を作ることは最初からあり得ない話。7日は最初から最後まで『島には基地を絶対作らせません』と何回でも言う」。大久幸助・天城町長、高岡秀規・徳之島町長も「反対の民意をしっかり伝えてくる」などと声を張り上げた。

 3町長は6日夜、鹿児島空港経由で羽田空港に到着。東京都内でも島出身者による激励会が開かれた。

首相「すべてを県外は難しい」知事との会談で(読売新聞)
<小沢幹事長>「リーダーシップも…」内閣支持率急落の原因(毎日新聞)
ヘリ部隊受け入れ拒否、徳之島3町長が方針確認(読売新聞)
「肩代わり法案」参院厚労委で可決-12日の本会議で成立へ(医療介護CBニュース)
9地点で月間日照時間最少=4月、寒暖の差大きく-気象庁(時事通信)
プロフィール

いとうとしおさん

Author:いとうとしおさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。